ゆうすい浄水器は無添加活性炭を使用しています(1)

株式会社淀エンタープライズ

0287-54-0510

〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地 

電話受付:月~金 9:00~17:00

ゆうすい浄水器は無添加活性炭を使用しています(1)

スタッフブログ

2018/03/24 ゆうすい浄水器は無添加活性炭を使用しています(1)

ゆうすい浄水器は、殺菌剤を使用しない無添加活性炭を使用しています。

したがって金魚はもちろんメダカやイワナも飼育できます。

 

現在、国産の一般浄水器は、殺菌剤として銀をコーティングした銀活性炭を使用

しています。そのほか銀コーティングの不織布、銀添加ゼオライトなどの仕様もあります。

そのため、これら銀を殺菌剤として使用している浄水器は、金魚の飼育はできない

すなわち金魚が生きられない飲み水です。

ごく一部の浄水器メーカーは、説明書に小さく、養魚用には使えませんと記載しています。

しかしほとんどのメーカーは、単に活性炭と記載し、また銀について無知な業者は

銀粒活性炭使用とどうどうと表示しています。

それらメーカーは、平成6年頃までは、抗菌活性炭、抗菌腐食布などと殺菌剤としての

銀添加を暗示する表示をしていましたが、現在は抗菌などの文字もはずし

活性炭と表示するだけとなり、あたかも安全な無添加の活性炭を使用しているかのような

錯覚を一般の人に与えることを期待しているのです。

銀は少しづつ、銀イオンとなって飲み水の中に溶出することで殺菌効果があります。

日本では、飲み水の中に銀は入っていませんので、水質基準で銀の規制はありません。

しかし、アメリカの環境保護庁の水質基準では、1リットル当たり0.01ppmまでとする

基準があります。

上限があるということは、その数値を超えたら危険、人体に害がある

ということを意味します。

私は知り合いと銀の試薬を買って、市販されているいくつかの浄水器を調べました。

ほとんどが0.3ppmで、0.4ppm出る浄水器もいくつかかありました。

この数値はアメリカの規制値の30倍、40倍ということです。

金魚が死ぬのは当然です。

こんなに殺菌剤が添加されているのに、一般に全く知られていないのはなぜでしようか?

 

 

 

 

 

 

◆◇—————————————————◇◆
株式会社淀エンタープライズ
〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地

電話番号:0287-54-0510
FAX:0287-54-0289(24時間受付/年中無休)
営業時間:9:00~17:00 定休日: 土日祝
◆◇—————————————————◇◆

TOP