金魚も生きる安全な水です(3)

株式会社淀エンタープライズ

0287-54-0510

〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地 

電話受付:月~金 9:00~17:00

金魚も生きる安全な水です(3)

スタッフブログ

2018/03/20 金魚も生きる安全な水です(3)

ゆうすい浄水器は、塩素を一瞬で除去し、しかも10年以上除去能力は落ちません。

塩素については、試薬がありますので、ご希望のお客様に無料でお送りし、

確認して頂いております。

塩素は殺菌剤です。殺菌の目的で入れるものが、人体に影響あるのが当然です。

 

旧厚生省は、昭和45年水道水中の残留塩素が直接、人体に及ぼす影響について、

東大教授4名、国立衛生試験所研究員1名、日大教授1名の専門家6名で構成された

研究班に調査を依頼し、その調査結果の報告書「水道添加剤の許容量に関する研究」

を翌年6月1日、旧厚生省環境衛生局水道課長通知として公表しました。

研究目的は「水道水の過剰塩素化の傾向が大きくなっていることにかんがみ

水道水中水道水中有効塩素の安全性を指向した衛生学的研究である」明確にしている。

結論を要約すれば、次のとおりです。

昭和45年当時、すでに蛇口における塩素濃度は無制限に増大する傾向が表れている

としたうえ、水道水中の塩素最低濃度1ppmで、

①ヒト赤血球の表面構造を変化させると同時に、これを溶血しやすくする。

②塩素はヒト抹消リンパ球に対する作用として、その代謝系に影響を与えると同時に

死亡率を高める。

③細胞の増殖に対する塩素の影響は、塩素処理後の細胞中、拡散合成阻害が観察された。

④結論としてヒト赤血球、リンパ球、Hela細胞(ガン細胞の一種)などはその1ppm以上の

濃度で致死的影響が増大する。

ここでいう核酸合成阻害とはすべての生物の細胞内に存在し,

蛋白質生合成および生物の遺伝現象に関与している重要な物質です。

 

以上をもう少し、わかりやすくいうと水道水中の塩素1ppmて゛免疫力に関する

リンパ球の再生を妨げ、死滅させ、血液の代謝(再生)を低下させ、

蛋白質の合成と生物の遺伝にかかわる細胞を破壊するということです。

 

これを読むと、前回コラムに書いた仙台市水道局の水道水中の塩素0.6ppmで、

問題はありませんとの発表は、とても怖いお話だと思いませんか?

 

 

 

 

 

◆◇—————————————————◇◆
株式会社淀エンタープライズ
〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地

電話番号:0287-54-0510
FAX:0287-54-0289(24時間受付/年中無休)
営業時間:9:00~17:00 定休日: 土日祝
◆◇—————————————————◇◆

TOP