赤ちゃんに、安心安全な水をおすすめします

株式会社淀エンタープライズ

0287-54-0510

〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地 

電話受付:月~金 9:00~17:00

赤ちゃんに、安心安全な水をおすすめします

スタッフブログ

2018/03/08 赤ちゃんに、安心安全な水をおすすめします

赤ちゃんに使わせる最初の産湯、皆さんどうされているのでしょう。

水道水には、塩素が入っています。

水道法上は、蛇口で0,1ppm以上の残留塩素があることが最低基準となっており、

実際には0,5ないし0,6ppmの残留塩素が、入っています。

塩素は第1次世界大戦で、沢山の人間を一挙、一瞬に効率的に

死亡させる毒ガス兵器として使用されました。その悲惨さのため、国際条約で、武器として使用

することは禁止されました。しかし最近でも、リビアで反体制派に、使用された疑いが出て、

死んだ赤ちゃんや肌がびらん(ただれ)して、呼吸器をつけて病院に運ばれる人の映像が

テレビにうつしだされていました。

 

水道水に入っている塩素は、人間にとっても殺菌剤として働きます。

水道水で、金魚は死んでも、人間は大きいから害はないと言っていた、水道関係者

の話を聞いたことがあります。

しかし、金魚の細胞と人間の細胞に違いはありません。

ただ大きさが違うから、直ちにに結果が出ないだけです。

アトピーも塩素が原因と考えています。

また中空糸膜、銀活性炭を使用し、殺菌剤としての銀の使用を隠している

一般の浄水器も、金魚は、死にます。危険は水道水と同じです。

 

水道水でお風呂に赤ちゃんや子供を入れる場合は、

安全にする次の方法があります。

塩素は、ビタミンCと結合し、中和します。

したがって田舎に住んでいる方だったら、ヨモギ、カキドオシ、ドクダミなど

緑の雑草をとってきて、洗濯ネットにいれるとビタミンCで中和され塩素が消えます。

また、水道水の塩素を中和するために,薬局でビタミンCのアスコルビン酸が

入浴剤として売られています。そんなに高くはありません。

これをぜひお使いになるようにおすすめします。

 

こういう方法もあります。

お風呂には、大人が先に入ること、そうすれば、塩素が人間の皮膚のビタミンC

を奪って、中和します。塩素のあるお湯に入るとぴりぴりしますが、柔らかい水に

なることがわかります。でも赤ちゃんを、大人のはいったあとの汚れたお風呂に入れるのは

釈然としませんよね。

 

ゆうすい浄水器は、金魚もメダカも生きられる水です。

夢の浄水器です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇—————————————————◇◆
株式会社淀エンタープライズ
〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地

電話番号:0287-54-0510
FAX:0287-54-0289(24時間受付/年中無休)
営業時間:9:00~17:00 定休日: 土日祝
◆◇—————————————————◇◆

TOP