塩素が10年以上除去できることの意味(13)

株式会社淀エンタープライズ

0287-54-0510

〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地 

電話受付:月~金 9:00~17:00

塩素が10年以上除去できることの意味(13)

スタッフブログ

2020/11/10 塩素が10年以上除去できることの意味(13)

水道水中の塩素が10年以上除去できる

ことの意味(13)

ゆうすい浄水器は水道水中の塩素を10年以上除去します。

厚生労働省は、平成28年2月「アレルギー疾患の現状等」

と題する報告書を発表し、我が国全人口の約2人に1人が

何等かのアレルギー疾患に羅漢しており急速に増加している

としました。

アレルギー疾患とは、主として食べ物を含む環境に由来する

免疫力の低下です。

アトピー性皮膚炎についていえば、昭和40年頃から

発生するようになり、今ではごく、身近な病気ですが、

私が初めて知ったのは、昭和56年子供が小学校に入学し

アトピーの同級生がいたためでした。

それほど当時は珍しかったのです。水道水が

きたない川の水を薬品で一挙に浄化するようになったのは

昭和40年の淀橋浄水場の廃止からです。

母乳栄養の方がアトピー発症率が高いということも考えると

、私達すべての日本人が日常的に飲食している塩素入り

の水道水は、言い換えれば殺菌剤入の水を常時のむという

ことであり、免疫力の低下をきたすのは当然と考えています。

塩素量の大小の問題ではなく、塩素に対する感受性の問題である。

それでもアメリカやヨーロッパの国のように上限があれば

まだしも、前掲の横浜のようにかなりの塩素量が入っているのが

当然なのです。

母親の羊水から塩素反応が出たという話を聞いたこともあり

水道水の塩素も免疫力低下の一因と信じています。

 

ゆうすい浄水器は無添加の活性炭と天然石の風化花崗岩で

美味しい水をつくります。

 

ゆうすい浄水器の 公式サイトはこちら

http://yodo-e.co.jp/ctgr_yuusui.html

 

 

 

 

 

ゆうすい浄水器の 公式サイトはこちら

http://yodo-e.co.jp/ctgr_yuusui.html

 

◆◇—————————————————◇◆
株式会社淀エンタープライズ
〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地

電話番号:0287-54-0510
FAX:0287-54-0289(24時間受付/年中無休)
営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝
◆◇—————————————————◇◆

TOP