私がゆうすい浄水器を作った理由

株式会社淀エンタープライズ

0287-54-0510

〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地 

電話受付:月~金 9:00~17:00

私がゆうすい浄水器を作った理由

スタッフブログ

2020/07/26 私がゆうすい浄水器を作った理由

株式会社淀エンタープライズ 湯坐博子

私がゆうすい浄水器を作った理由

私は、幼い頃、九重山麓の母の実家で何年か暮らしました。

水は、山の湧き水を太い孟宗竹を2つに割り、それをつないで

台所のタイルの水槽に流しこんでいました。落ち葉も

時には虫も入っていましたが、美味しい水でした。

長じて、埼玉県浦和市に転居。浦和市では、関東ローム層の

下の地下水をくみ上げ水道水として配水しておりました。

とても冷たく抜群に美味しい水でした。

しかし、地下水汲み上げの結果、地盤が下がり、

昭和35年頃には水道水は荒川の水にとって変わりました。

そのころ結婚した主人の実家は、福島県の約300年前に、

花崗岩の岩盤の上に建てられた旧家で、

汲み上げる水は甘露という言葉がピッタリの水でした。

今でも最高の水です。

私はこの花崗岩の水を浄水器で実現できないか、美味しい水を

自分のために、ぜひ欲しいと思いました。

友人の鉱山技師と相談して花崗岩を使った浄水器

を作ることを考えました。

当時、私は新橋で主人と弁護士として仕事をしており、

その前8年間、裁判官として働いてきましたので、周囲から、

浄水器にかかわるなんて経歴に傷がつくと猛反対されました。

そのころすでに浄水器はまがまがしいという印象が

一般にありました。

私はどうしても、自分のために美味しい水の浄水器が

欲しかったのです。社名歴史上のは淀君から貰いました。

それから25年、今でも私にとって、ゆうすい浄水器

は夢の浄水器です。

 

ゆうすい浄水器の 公式サイトはこちら

http://yodo-e.co.jp/ctgr_yuusui.html

◆◇—————————————————◇◆
株式会社淀エンタープライズ
〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地

電話番号:0287-54-0510
FAX:0287-54-0289(24時間受付/年中無休)
営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝
◆◇—————————————————◇◆

TOP