浄水器で塩素を完全に除去することの必要性

株式会社淀エンタープライズ

0287-54-0510

〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地 

電話受付:月~金 9:00~17:00

浄水器で塩素を完全に除去することの必要性

スタッフブログ

2019/02/24 浄水器で塩素を完全に除去することの必要性

ゆうすい浄水器は塩素を10年以上除去します。

厚生労働省は、平成28年2月『アレルギー疾患の現状等』

という報告書を発表しました。

これによると「我が国全人口の約2人に1人が、何らかの

アレルギー疾患に羅患していることを示しており、

急速に増加している」と記載し、喘息、花粉症、

アトピー性皮膚炎、食物アレルギーをあげています。

特にアトピー性皮膚炎と食物アレルギーについては

乳児の発生率が非常に高いとされています。

今から40年前、私は、小学1年の次女の担任から、

「クラスにアトピーの子供がいるが、うつらないから

いじめないように」という回覧が回ってきて、はじめて

アトピーという言葉と病気を知りました。

その頃はアトピー性皮膚炎なんてまわりにいなかったのです。

これらは免疫力の低下が原因ですが、おおきな要因の1つは

水道水の塩素です。

塩素だけで水道水を作る方法を急速ろ過といいますが

この方法に切り替えたのは昭和40年に淀橋浄水場が廃止

されてからです。淀橋浄水場では、土壌や砂礫や微生物

による浄化で、最後に消毒のために塩素を投下するだけ

でした。したがって塩素量も格段に少なかったのです。

この薬だけによる水道水の製造は、先進国では日本だけです。

塩素は殺菌剤です。

最新科学によると人間の身体は10兆個の細胞と100兆個の

常在細菌叢から成り立っているという説が出てきました。

まさに殺菌剤は人間の身体の常在細菌叢にも直撃します。

飲み水だけミネラルウォーターにしたって、野菜洗いや

お風呂につかえば、殺菌効果は及ぶでしょう。

塩素を除去するのは、自分の身体を守るために絶対必要です。

10年以上塩素を除去するゆうすい浄水器をおすすめします。

img_0844_r

ゆうすい浄水器の公式ページはこちら

http://yodo-e.co.jp/ctgr_yuusui.html

 

 

 

 

◆◇—————————————————◇◆
株式会社淀エンタープライズ
〒324-0234 栃木県大田原市前田628番地

電話番号:0287-54-0510
FAX:0287-54-0289(24時間受付/年中無休)
営業時間:9:00~17:00 定休日: 土日祝
◆◇—————————————————◇◆

TOP